カワラヨモギ  痒みに…

 

≪和名≫ 河原艾、河原蓬、カワラヨモギ、茵陳蒿、綿茵陳、

≪生薬名≫ インチンコウ、メンインチン

≪科目≫  キク科 ヨモギ属

≪分布≫ 九州沖縄の日本各地、朝鮮半島から中国などの大陸や台湾、フィリピンなど熱帯地方に分布し生殖場所としては河原や砂浜、海岸などの乾燥した場所に

自生している多年草の植物

≪出典≫ 神農本草経

《成分》 全草にβーピネン、カピレン、カピロン、カピリンなどのテルペン化合物、ジメチルエスクチン、スコパロン、キャピラリシンなどの精油成分、苦味成分含有。

《カワラヨモギを煎じて服用した場合》

悪血瀉下して体内から取り去る、便秘、胆汁分泌促進、消炎利尿作用、駆虫作用、黄疸、肝炎、蕁麻疹、尿量減少の改善、浮腫、利尿、回虫駆除
茵陳蒿と他の薬草(ドクダミ、玄草、麦茶など)と一緒に煎じて服用しても良い。

 

 

 

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)